【スマホも大丈夫!】Anker Nano II 65W【急速充電器】

※本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
電化製品
【この記事で分かること】
  • 急速充電の快適さについて
  • 65Wでスマホを充電しても壊れないことについて
  • 65W充電器と30W充電器の価格の差
  • 5Wの雑魚充電器も必要な理由
  • 手のひらサイズのコンパクトさについて
  • 両方Type-Cのオススメケーブルについて
  • 日中仕事で、夜は睡眠アプリ起動でスマホは枕元、「スマホいつ充電するんだよ!?」
  • 出先で常にノートPCを使っていて「あーノートPCの充電が切れそう、今すぐ充電しないと!」

そんな方にオススメなのが、こちらのAnker Nano II 65Wとなります。

ろずびー
ろずびー

充電器ならとりあえずこれを買っとけなやつですね。

急速充電は正義

自分はテレワークのため、日中も家にいるので問題はありませんが、それでも急速充電があるのは本当に快適です。

主にスマホの充電ではありますが、急速充電に慣れてしまうと、無料で付いてくるような5Wの充電速度だと遅すぎてもうダメですね。

もことら
もことら

この充電器って、これだけの性能にも関わらず全然熱くならないのが地味にスゴいんだよネ!

65Wの充電器でもスマホは壊れない!

当然のことながらスマホにもちゃんと対応しています。

もしもスマホに対応してなかったら充電器としてはほとんど需要ないですからね。

Q
65Wの充電器を使ってもスマホは壊れないの?
A

壊れません!

ろずびー
ろずびー

ただし、「限界充電速度」というものがあり、決められたワット数を超えた充電器を使ってもそれ以上は速くなりません。

【限界充電速度の一例】

  • iPhone:20W
  • iPad:30W
  • MacBookPro:60W

上記の通りで、Anker Nano II 65Wを使えば大体のものは最高速度で充電できてしまいます。

「スマホやiPadだけの充電でいいや」という方はAnker Nano II 30Wで十分かもしれません。

自分も今のところノートPCは充電する予定がなく、ほぼほぼスマホ用ではありましたが、「一応なんでもいけちゃうやつを選んでおくか」という感じで65Wのものを選びました。

しかし、65W30Wで2000円ぐらい価格が変わってしまうので、完全にスマホ用にしたい方は30Wの方がコスパはいいでしょう。

もことら
もことら

限界以上のものを使ったとしてもそれ以上速くならないというだけで、別に問題はないから安心してネ!

65Wのものでもスマホの充電はできるが、30Wのものと充電速度は変わらない

急速充電に対応してないものもある

じゃあ、よく付属してくる5Wの雑魚充電器は捨てちゃっていいのか?

というとそんなことはなく、急速充電に対応していない製品もあるんですよね。

例えばUmimileさんのナイトライトソープディスペンサーなどは対応していません。

Q
対応していないものを急速充電しようとするとどうなるの?
A

コードを差しても充電されず、何も起こりません。

ろずびー
ろずびー

自分はどうなるのか試しにやってみただけで、本来は推奨されていないのでやらない方が望ましいです。

手のひらサイズのコンパクトさ

コンパクトで、さらにコンセント部分を折りたたんでしまうことができるので持ち運びにも苦労しません。

どこか出先なんかで使いたい方は重宝するかと思われます。

また、自宅で使うにしてもコンパクトでなので、隣のコンセントのスペースまで占有してしまうということがないのも大きなメリットですね。

リポビタンDとTickTime ProAnker Nano II 65Wを並べてみるとこんな感じになります。

充電器とは思えないほどコンパクトではないでしょうか?

「こんなちっこいので本当に大丈夫なの?」これがまた大丈夫なんですよね。

ろずびー
ろずびー

65W版に関しては、Active Clamp Flyback(ACF)電源回路方式というものを採用し、電力変換効率を高めた結果、この小型計量デザインが実現できたようです。

そこら辺は、さすがのAnker製品ですね。

両方Type-Cのオススメケーブル

充電器に欠かせないものと言えばケーブルですよね。

自分が使ってみて一番丈夫で使いやすくてこれいいなと思ったのが、こちらのUGREEN usb type c ケーブルです。

シリコンケーブルに高密度ナイロン編みの外装のため、他のコードとの違いがすぐ分かるため、これを急速充電用のケーブルとしてしまうと凄く便利です。

ろずびー
ろずびー

また、見た目だけではなく、1万回以上の折り曲げに耐えうるまでに強化されたというハンパじゃない強度を持っています。

更には、絡まりにくい設計によりコードがグチャグチャになってしまうのを防いでもくれます。

ただのコードにしては少々高く感じるかもしれませんが、「急速充電用の特別なコード」と位置付けてしまうと、1本ぐらいはあってもいいのではないでしょうか。

急速充電の利便性

自分は正直Amazonでセールやってたから「今必要という訳ではないけど一応買っておくか」ぐらいの軽い感じで買ってみただけでした。

ですが、いつでも急速充電できる環境があるというのは実に快適なものですね。

もことら
もことら

スマホを一瞬にして充電100%にできるという安心感は何者にも代えがたいものがあるよネ!

急速充電環境の有無は心のゆとりにつながる
スポンサード
タイトルとURLをコピーしました