読書

読書

【読書習慣が身に付く】Kindle端末で読書のハードルが下がる理由

「読書習慣は凄くいいこと」そんなこと言われなくともみんな知ってるよ!という感じかとは思いますが、実際に読書が習慣になっている人は意外に少なく、本を読むのが月に1冊以下という人が50%を超えているというデータもあります。
読書

【お金をポジティブなものに】幸せなお金持ちになる すごいお金。【和田 裕美 (著)】

お金に対するマインドをものすごくポジティブなものにしてくれる本、それがこの『幸せなお金持ちになる すごいお金。』です。 この本の結論を先に言ってしまうと、「不安のないところにお金は集まる」ということです。
読書

【才能の定義とは?】世界一やさしい「才能」の見つけ方【八木 仁平 (著)】

こちらの書籍は、2024年読者が選ぶビジネス書グランプリの『自己啓発部門で1位』を獲得しています。 この本を読んでみた感想としては、「確かにこの内容なら何かしらの賞を受賞していても別に驚くことはないよな」と感じるほどいい内容だと思いました。
読書

【イヤでも健康になる本】ブレインメンタル強化大全【樺沢紫苑 (著)】

読書脳やアウトプット大全の著者でおなじみの樺沢紫苑先生の健康寿命を伸ばすための本です。 この本を一言で言ってしまうと、「イヤでも健康になってしまう1冊」ということになります。 この本の内容を100%実践できている方で、健康ではないという方はまずいないでしょう。
読書

【睡眠の本ならまずはこれ】スタンフォード式 最高の睡眠【西野精治 (著)】

睡眠に関することならまずはこれ!という1冊です。 この本の著者である西野精治教授は、「世界一の睡眠研究所」と称されるスタンフォード大学睡眠研究所で、30年近く睡眠を研究してきており、脳が眠る枕として有名なブレインスリープピローの開発者でもあります。
読書

【アウトプットの大切さ】学びを結果に変えるアウトプット大全【樺沢紫苑 (著)】

読書脳の著者である樺沢紫苑先生の代名詞と言えば「アウトプット」です。 そんなアウトプットの大切さが「これでもか!」というぐらい学べるのがこの本です。 本書ではアウトプットにおける具体的なテクニックが80個に渡り、詳細に書かれています。
読書

【お金の教科書】本当の自由を手に入れるお金の大学【両@リベ大学長 (著)】

この書籍を一言で言えば、「学校の教科書にするべき本」となります。 なぜ義務教育で「経済」の科目がないのかが自分には理解できません。 日本で生活する上で欠かせない「お金」というものを、子供から大人までここまで分かりやすく述べられている本は中々ありません。
読書

【読書での自己成長が加速する1冊】読書脳【樺沢紫苑 (著)】

これから読書習慣を身に付けようとしている方は、まずはこの本を読みましょう! 当然のことながら、現在読書習慣のある方にもオススメできる内容となっています。 この本を読むことによって、今後の人生における読書効率がまるで別物になってきます。
ろずびーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました