【ベスト5】仕事や勉強などの自宅作業がはかどる便利グッズ5選【まとめ】

※本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
まとめ記事

自分は普段テレワークのため、自宅環境というものを凄く重要視しています。

仕事以外の時間も基本的にはPCの前のデスクで過ごしており、読書をしたり動画を見たりブログを書いたりするのも全て自宅のため、このあたりは本当に色々こだわりました。

そんな中でも「これは絶対に手放せないな!」と思ったアイテム5選を独断と偏見から選びました。

ろずびー
ろずびー

この5つすべてを揃えても「おウチ時間の快適さが何も変わらないよ!」という人はまずいないと自信を持って言うことができます。

第1位:Yunbaoit タイムタイマー

シンプルイズベスト!

これ以上にこのアイテムを的確に表現できる言葉はないんじゃないかなと思います。

使い方としては非常にシンプルで、中央のダイヤルを回すことにより、カラーがかかり、時間の経過とともにそれが減っていくというものです。
※計れる時間は最大で60分です。

本当にただそれだけのアイテムなのですが、使ってみるとこれがまた凄まじい効果を発揮してくれるんですよね。

時間の減りが視覚化されることにより、集中力が体感あるレベルでアップします。

もことら
もことら

俗に言う「締切効果」ってやつだネ!

ろずびー
ろずびー

ですが、個人的には「やる気の出ない時」に絶大な効果を発揮してくれるなと感じています。

なんだか気乗りがしない時にも、とりあえずタイムタイマーをかけると、気づいたら作業に没頭している自分がいたりするんですよね。

そのため、今では何かやるたびにこれを仕掛ける習慣が身に付いています。

ちなみに、スマホでも類似の機能のアプリなんかがあったりしますが、効果は微妙でした。

やはり物理の効果は凄いらしく、実際の時計が近くにあって、時間の減りをお知らせてしてくれるのは本当に絶大だなと感じています。

アラーム機能もあり、OFF/ON(3秒or30秒)という選択が可能なため、軽く30分昼寝する時なんかは30秒のアラームを仕掛けて目覚まし時計代わりにすることも可能です。
(普段の作業の時にはアラーム音に邪魔されたくないのでOFFにしています)

  • なんかやる気が出ない
  • 勉強や仕事などがはかどらない
  • 集中力がほしい
  • もっと効率よく作業がしたい
  • 時間を上手く使えるようになりたい

上記に該当する方は、まずはタイムタイマーを毎度使うことを習慣付けることにより、今後の人生が好転すること間違いなしです!

ぴよきち
ぴよきち

Yunbaoit タイムタイマーの詳細記事ぴよ!

第2位:TickTime Pro

まず、第一に「通常のTickTimeではなく必ずTickTimeProの方を買いましょう!」ということです。

詳細記事にも載せてありますが、こちらにも通常とProの違いの表を載せておきます。

デザインTickTime
TickTime Pro
充電方式Micro-USBUSB Type-C
一時停止機能なしあり
指紋の付きやすさ目立つ目立たない
価格¥5,880¥6,490

Proになるとかゆいところに手が届くように進化してるにも関わらず、価格が600円程度しか変わらないんですよね。

それからもう1つ注意点があり、このTickTimeProには、下記3種類のバージョンがあるということです。

  • 短時版 ➡ 1分・3分・5分・8分・10分・15分
  • ポモドーロ版 ➡ 3分・5分・10分・15分・25分・30分
  • 長時版 ➡ 5分・15分・25分・30分・45分・60分

ポモドーロテクニックに適したアイテムですので、短時版以外のどちらかを選びましょう!
(25分は絶対にほしいですからね)

ろずびー
ろずびー

個人的には一番ポピュラーなポモドーロ版がちょうどいいと感じます。

そして、このアイテムの利便性はハンパじゃないです。

ちょっと時間を計りたい時にパコッとサイコロ感覚で倒すだけですからね。

この時間を計るまでの早さがミソで、そのことにより頻繁に時間を計るようになるという副次的な効果が生まれます。

もことら
もことら

頻繁に時間を計るようになると、時間術のスキルが格段に上がるんだよネ!

自分は休日の読書の時なんかに、よくポモドーロテクニックを使いますが、本当にはかどりますね。

人生というのは常に時間との戦いであり、この時間の流れだけは誰にもどうすることもできず、地球上に暮らすものすべてにおいて唯一平等なものです。

そんな時間を有効に使うためのスキルを自然に高めてくれるアイテムが、このTickTimeProなのです。

ぴよきち
ぴよきち

TickTime Proの詳細記事ぴよ!

第3位:ALNAE タンブラー(蓋付き) 600ml

水分補給は凄く大事です。

そんな飲み物をいつまでも冷たいor温かく保ってくれるのがこのALNAEのタンブラーです。

作業に没頭する ➡ 水分補給を忘れる ➡ 喉が乾いた時に思い出したかのように飲み物を飲む ➡ 「うわぁぬるくなってる・・・」

ペットボトルだと誰もがこの経験をしたことがあるのではないでしょうか。

そこで登場するのがこのタンブラーなんですよね。

自分はステンレスの口当たりが苦手だったため、ずっと敬遠してきましたが、フタ付きのものを買うことによって解決しました。

更に、こちらのものですと600mlという大容量なので、氷を入れておくことができます。

ろずびー
ろずびー

キンキンに冷えてやがる!を常時体験することができてしまうんですね。

飲み物が美味しくなるというのは本当に幸せなことです。

作業効率がはかどるのはもちろんのことですが、日々の生活全てに関しての快適さが段違いにアップします。

当初タンブラーは否定派だった自分ですが、今となってはすっかりタンブラーの虜になってしまいました。

もことら
もことら

気づけば同じタンブラーが3つもあるんだよネ!

※このタンブラーは自宅にいることを想定しているため、会社や学校などの出先で使う場合には象印マホービンをオススメしています。

ぴよきち
ぴよきち

ALNAE タンブラー(蓋付き) 600mlの詳細記事ぴよ!

第4位:ノーズミント

「これを嗅ぐとミントの効果でスッキリします!」以上。

使い方だけで言うとこれで終わってしまうのですが、このお手軽さが物凄く助かるんですよね。

ノーズミントはこんな時に使いたい!
・仕事中
・勉強中
・運転中
・通勤中
・ムズムズする時
・眠気覚まし
・リフレッシュしたい時

ミントの清涼感には、中枢神経を刺激し脳の働きを活発にしてくれるという効果があることが分かっています。

もことら
もことら

眠気覚ましや、集中力を高めたい時にはうってつけなんだよネ!

タブレットと違い、口から食べるようなものでもないため、ダイエット中の方も気にせず使えるというのも大きなメリットです。

そして、なんと言ってもコスパが最強なんですよね。

ろずびー
ろずびー

1本辺りの値段で言えば300円もしないぐらいにも関わらず、「一生使えるんじゃないの?」ってぐらいなくなりません。

※ただし、衣類のポケットに入れたまま洗濯をしてしまうと一発でダメになってしまうので、そこだけは注意しましょう!

原産国はタイのようですが、本当に素晴らしいものを開発してくれてありがとうという感謝でいっぱいです。

¥834 (2023/09/10 19:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ぴよきち
ぴよきち

ノーズミントの詳細記事ぴよ!

第5位:山崎実業 デスクバー

「こんなたかが小物入れで何か変わるの?」

最初は半信半疑でしたが、レビュー評価があまりにもよかったため試してみたところ、机の上のゴチャゴチャ感が一気になくなり驚きました。

もことら
もことら

物の量は減っていないはずなのに、このデスクバーを置くだけで不思議とスッキリするんだよネ!

デスク周りが綺麗になると、集中力が向上し、生産性も上がるという数々の研究結果もありますが、実際にこれを置いてみて、「本当にそうなんだな!」と体感できています。

価格を見て少し躊躇してしまうかもしれませんが、実物はかなりしっかりと頑丈に作られているため、このお値段にも納得がいきます。

ろずびー
ろずびー

試しに1個置いてみて、あまりにも気に入ったため思わず2個目も注文してしまいましたよ。

普段使っているデスク周りというのは散らかりがちですよね。

ですが、このデスクバーを置いて、とりあずそこにぶちこんでおけば景色がだいぶ変わります。

そして探しものの手間も減るんですよね。

何か見つからないものがあったらとりあえずはデスクバーに手が伸びるようになり、すぐに見つかる率がアップします。

ぴよきち
ぴよきち

山崎実業 デスクバーの詳細記事ぴよ!

まとめ

今回、1位と2位はどっちをどっちにするのか迷いました。

「実用性のタイムタイマーか?」「利便性のTickTimeProか?」という感じでしたからね。

決め手となったのは、「作業がはかどる」という観点から考えると、「やる気がない時に絶大な効果を発揮するな」と感じている部分が多かったため、今回はタイムタイマーに軍配が上がりました。

もことら
もことら

価格的にも2倍以上差があるしネ!

「読書」という目的なら、ポモドーロテクニックに適したTickTimeProに軍配が上がるんですけどね。

今回はあくまでも、「作業」ということに焦点を当てました。

スポンサード
タイトルとURLをコピーしました