TickTime Proはここが違う!【ポモドーロタイマーに最適】

※本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
電化製品
【この記事で分かること】
  • 通常のTickTimeとTickTime Proの違い
  • TickTime Proの使い方
  • ポモドーロ・テクニックについて
  • TickTime Proを有効活用できる場面

『時間』

それはお金より大切な数少ないものの一つであることは疑いの余地はないでしょう。

時間には投資する価値が十分にあります。

そんな時間のパフォーマンスを圧倒的に高めてくれる便利なアイテムがこちらのTickTime Proとなります。

※通常版のTickTimeではなく必ずTickTime Proを買うようにしましょう!

ろずびー
ろずびー

Type-C充電や、一時停止したタイマーの再開機能など、通常版で「こういう機能があったらなぁ」と思うものがProには搭載されていて、値段も600円ほどしか変わりません。

更に、Proの方は指紋が目立たないような工夫も施されています。

通常のTickTimeとTickTime Proの違い

デザイン
TickTime

TickTime Pro
充電方式Micro-USBUSB Type-C
一時停止機能なしあり
指紋の付きやすさ目立つ目立たない
価格¥5,880¥6,490
販売ページ
※Amazon
TickTimeTickTime Pro
もことら
もことら

「こういう機能があったらいいのにな」と思うものがProには搭載されて、かゆいところに手が届くようになったんだネ!

使い方はシンプル

ろずびー
ろずびー

使い方はシンプルで、六角柱の形をしており、それぞれの面に数字が書いてあり、横に倒した時に上にきた面の分数を測ってくれるというアイテムです。

ろずびー
ろずびー

デフォルトで設定されている時間だけではなく、99分59秒までなら自分で自由に設定した時間を計ることもできます。

もことら
もことら

おまけ要素ではあるけど、逆さまにひっくり返すことで使えるストップウォッチ機能も搭載されてるんだよネ!

  • 短時版 ➡ 1分・3分・5分・8分・10分・15分
  • ポモドーロ版 ➡ 3分・5分・10分・15分・25分・30分
  • 長時版 ➡ 5分・15分・25分・30分・45分・60分
ろずびー
ろずびー

この3種類が販売されていますが、自分のオススメは無難にポモドーロ版ですね。

時間を計るまでの速さ&手軽さが、最速&最良のデジタルタイマー

ポモドーロテクニック

このタイマーは手軽に細かい時間が計れるというだけでも非常に優れものですが、ポモドーロ・テクニックというものに非常に向いています。

ポモドーロ・テクニックとは25分の作業と5分の休憩を交互に取り、これを4セット繰り返したら15分~30分の少し長めの休憩を取るというものです。

もことら
もことら

これは脳科学的に、集中力を維持するために非常に有効とされているテクニックなんだよネ!

TickTime Proは25分のちょうど裏側が5分のため、ポモドーロ・テクニックが凄くやりやすい

ポモドーロ・テクニックの3つのポイント

【ポイント1】
タイマーの残り時間は見えないようにする!
(集中力を継続するためのテクニックなので「あと5分だ!あと3分だ!」とカウントしてしまうと台無しになってしまいます)

【ポイント2】
「キリが悪くても」5分間の小休止を入れる!
(「今回だけあと10分!」みたいな例外を作るとこのテクニックの意味がなくなってしまいます)

【ポイント3】
4ポモドーロ目の最後の小休止をどう扱うか?
(5分の小休止の後に15分~30分の休憩に入るというのもなんだか微妙なので、ここの順番は入れ替えてもOKです)

短時版、ポモドーロ版、長時版のどれを買うべきか

ろずびー
ろずびー

適度な時間をお手軽にサッと計ることができるメリットが最大限に発揮されるのがポモドーロ版と言えるでしょう。

まず、ポモドーロテクニックをやるつもりがあるないに関わらず、それに適したアイテムであることは間違いないので、短時版は25分がないため除外とします。

もことら
もことら

アスリートの人で頻繁に時間を計りたいなど、明確な目的がある場合には短時板が有効というケースもあるとは思うけどネ!

それから長時版みたいな45分や60分の長さを計るならTickTime Proではなく、タイムタイマーというアイテムで計った方がいいです。

特殊な使い方を希望していない限りは、ポモドーロ版を購入するのが無難

読書との相性が抜群

Kindleでの読書習慣を強くオススメしていますが、それとこのTickTime Proは本当に相性抜群なんですよね。

25分のタイマーをセットすると本を読むスイッチが入る ➡ 5分のマインドフルネス瞑想。

これを複数回繰り返して最後の5分は取らずにそのまま買い物へ!

休みの日なんかにはよくこんなことをやっています。

ただし、本が面白くて一気に読みたい時なんかは、ポモドーロ・テクニックは使わずに読みたいだけ読むようにしています。

もことら
もことら

そこはケースバイケースだネ!

コンパクトなサイズ感

写真などではあまり大きさが分かりにくいかと思われますが、かなりコンパクトで手のひらサイズのタイマーとなります。

重さはおよそ52gと、大体たまご1個分と同じぐらいですね。

リポビタンDとTickTime Proを並べてみるとこんな感じになります。

イメージしてたのよりだいぶ小さく感じませんか?(自分は当初感じました)

ろずびー
ろずびー

このコンパクトさならデスクの上で邪魔にならなくて凄く使いやすいんですよね。

TickTime Proはこんな時に使いたい

  • 3分だけちょっと目を閉じて休みたいな!
  • 10分後に家を出ないとな!
  • 15分だけ昼寝したいな!
  • 30分ほど作業に集中したいな!

TickTime Proはそんなサッと時間を計りたい時にピッタリで、本当に手軽なので時間を計る回数も増え、締切効果も有効に活用できるようになります。

もことら
もことら

時間術のスキルが格段にアップすること間違いなしだネ!

スポンサード
タイトルとURLをコピーしました