【コスパ最強の間接照明】Umimile ナイトライト

※本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
睡眠
【この記事で分かること】
  • 間接照明にこれがオススメできる理由
  • このナイトライトの8つの無敵ポイントについて
  • コスパ最強なことについて
  • 唯一の不満点

まず前提として、寝る2時間ぐらい前からはまばゆい蛍光灯の光を浴びるのはやめましょう!ということです。

そんな時に欲しくなってくるのが間接照明なのですが、これがまた中々いいのがないんですよね。

大きくて場所を取ってしまったり、間接照明を置きたい場所の近くにコンセントがなかったりと。

自分も妥協して、机やテーブルの横にクリップで止めれるタイプのやつをしょうがなく使っていたのですが、そんなある日ついに画期的な間接照明に出会ってしまいました。

もことら
もことら

間接照明って痒いところに手が届かないものが凄く多いんだよネ!

この商品の8つの無敵ポイント

  • Type-C充電式で100時間ぐらい持つため、近くにコンセント不要
  • 上部がタッチセンサー式になっており、暗い場所でもスイッチが分からないということがない
  • 350ml缶の3分の2ぐらいの手の平サイズというコンパクトさのため、どこでも置ける
  • 小さいにも関わらず十分な明るさ
  • 3種類の色温度設定&無段階調整で上部長押しで明るさの調整が自由自在の上に、一度設定した明るさを記憶してくれる
  • 底面が取っ手付き&マグネット内蔵により、吊り下げたりもできるし、懐中電灯みたいに使うこともできるし、マグネットでどこかに貼り付けることもできる
  • 低価格
  • リモコン付きのタイプや、RGBモードのタイプのものもある

15分のタイマー付き

更には、15分で自動でOFFになってくれるタイマーも付いているため、「寝る直前にちょっと灯りがほしいけど、寝落ちした時には切れててほしい」みたいな時に便利かと思います。

ただ、自分はこの機能は最初に試してみただけで、1度も活用する場面は訪れていませんが・・・

だけど唯一の不満点が

頭を2回「タタッ」と押すことによりスイッチのON/OFFの切り替えとなるのですが、その反応が若干悪く何度かやらないと電気が付かなかったりすることがちょいちょいあります。

慣れるまでは多少のコツが必要なのが少しめんどくさい感じはします。

スイッチを押す感覚ではなく、弱く触れるような感覚で2回タップすると反応しやすい

コスパ最強

とは言え、これほどコスパ最強の商品が今まであったでしょうか?上記のような軽い不満点はあったものの、弱点という弱点が見当たりません。

ろずびー
ろずびー

最高の商品というよりも、「え?こんなとんでもない商品がこんな値段でいいの?本当に?マジで!?」というのが正直な感想でした。

Umimileさんと言えばソープディスペンサーで高い評価を受けているメーカーのため、そのイメージしかありませんでしたが、こんな凄いライトも販売されていたんですね。

スポンサード
タイトルとURLをコピーしました